【2016年】「ビジネスパーソンの味覚意識調査」を行いました

ec75bfa8569d6a3e7abe922ada9a35fe_m.jpg

一般社団法人味覚カウンセラー協会(東京都中央区、代表理事:斉藤 泰斗)は、20代~50代のビジネスパーソン男女800人を対象に、『ビジネスパーソンの味覚意識調査』(インターネット調査)を実施しました。

fbbd88648d

【 調査概要 】

●調査対象       :全国のビジネスパーソン(20代から50代の各世代×男女各100名)

●有効回答数    :800サンプル

●調査方法  :インターネットリサーチ

●調査期間  :2016年3月7日(月)~3月8日(火)

 

【 調査背景 】

 先日行われた、第1回味覚カウンセラー養成講座の中で、受講生の方から、「仕事ができる人は、味覚も鋭く、味にこだわりを持っている」との意見が多く挙がりました。その意見を受けまして、当協会では、20代から50代までのビジネスパーソンに対し、「ビジネスパーソンの味覚意識調査」を行いました。

【 調査結果サマリー 】

20代の女性ビジネスパーソンのうち、80.7%が、“ビジネスパーソンにとって、きちんとした味覚」は、必要”と回答。(全体最多) →男性の中では、40代のビジネスパーソンが最も多く、79.6%。

● .40代の男性ビジネスパーソンのうち、 59.1%が、“仕事ができる人は、「きちんとした味覚」を持っていることが多い“と回答。(全体最多) →女性の中では、50代のビジネスパーソンが最も多く、52.0%。

>>詳細はこちらから